【四字熟語】 洛陽紙価 ( らくようのしか )


『 洛陽紙価 』の意味

著書が世の人々に賞賛され、盛んに売れて読まれることをいう。 』
→座右の銘ランキングを見る


おすすめ投票数: 20 票


「 洛陽紙価 」こそが、座右の銘の四字熟語だという方はボタンを押してくださいね。 ランキングの順位があがります。
※一日一回のみ投票可能です


おすすめ投票

「 洛陽紙価 」を座右の銘にオススメしたい方は ↓

※おすすめ数が多ければよりランキング順位があがります。

→ランキングを見る
『 洛陽紙価 』のイメージ写真(フォト蔵より。表示がない場合はイメージがありません)
富士が見える車窓 20161102 泉州洛陽鎮CN 兼六園 金網越しの落日 京都の寺院やその庭園には中国の唐時代の芸術様式が受け継がれているが、中国メディアの中国網はこのほど、とっくに廃墟と化した唐の洛陽と違い、京都において唐の芸術様式を体現する寺院や庭園が現在に至るまで受け継がれてきたのはなぜかと疑問を投げかける記事を掲載した。

「座右の銘」関連サイト

問い合わせ Copyright (C) ソーシャル四字熟語.com All Rights Reserved.