【四字熟語】 百八煩悩 ( ひゃくはちぼんのう )


『 百八煩悩 』の意味

人間の迷いのもととなる欲望のすべてのこと。人間の感覚をつかさどる眼・耳・鼻・舌・身・意の六根に、色・声・香・味・触・法の六塵の刺激があると、それぞれ好・悪・平の三種、あわせて十八の煩悩が生じる。これが浄・染の二種にわかれて三六種、さらに、過去・現在・未来の三つに配されて合計百八種とされる。 』
→座右の銘ランキングを見る


おすすめ投票数: 20 票


「 百八煩悩 」こそが、座右の銘の四字熟語だという方はボタンを押してくださいね。 ランキングの順位があがります。
※一日一回のみ投票可能です


おすすめ投票

「 百八煩悩 」を座右の銘にオススメしたい方は ↓

※おすすめ数が多ければよりランキング順位があがります。

→ランキングを見る
『 百八煩悩 』のイメージ写真(フォト蔵より。表示がない場合はイメージがありません)

「座右の銘」関連サイト

問い合わせ Copyright (C) ソーシャル四字熟語.com All Rights Reserved.